脱獄ってなんだかロマンを感じるよね!?
そんな男の夢を打ち砕く脱出不可能な監獄に行ってみた。

オーストラリアの南東にある自然豊かなタスマニア島。
そのさらに南東に今回訪れた世界遺産のポートアーサーがある。

遺跡とか何とか跡地っていうのには正直興味があまりなくて最初はあまり乗り気じゃなかったんだけど、思った以上に楽しかったところなので簡単に紹介♪

世界最南端の刑務所「ポートアーサー流刑囚人刑務所跡」

WWタスマニア島の世界遺産「ポートアーサー」7

世界遺産、世界最南端、脱出不可能など、なんか凄そうな肩書きを持っているのがポートアーサーだ。
実際に脱獄されたことはないらしく、犯罪者の中でも最も極悪な囚人たちが連れてこられて働かせられたそう。

ポートアーサー地区は、タスマニア本島とタスマン半島をつなぐ幅が100mにも満たない細長い陸路、そしてサメが出没する流速が早い両側の海峡により囚人の脱獄を防ぐ「究極の刑務所」と言われた。
監視カメラも赤外線センサーとかもないこの時代で、まさに世界最高クラスの刑務所だったわけだ。

ポートアーサーでは、ここの囚人たちが作った街なみを歴史を知りながら散策することが出来る。
実際に使われていた刑務所や裁判所?みたいなところは跡地になった今でもさすがの迫力でちょっとビビる(笑)

ポートアーサー流刑囚人刑務所跡はココだ!


ホバートから車で1時間半くらいの場所にある。
ガイドなしで入場料が38AUD(フェリー観光含む)

刑務所跡とは思えない絶景は写真スポット満載!

刑務所と言えばうす暗い感じの、どちらかと言えばあまりいいイメージはない。
他の国の刑務所跡も幾つか回ったが、イメージ通りの暗くてお化けでも出るんじゃないかってとこばかり。

が、しかし!!
ここポートアーサーはそんな雰囲気が全くない!
むしろここでのんびり暮らしたいくらいのどかで素敵な場所なのです。

これが脱獄不可能な刑務所跡だ!

これが脱獄不可能な刑務所跡だ!

結構崩れてしまっているが、中に入ることも出来る

結構崩れてしまっているが、中に入ることも出来る

嬉しいことに豪華なフェリー遊覧もセット!20分くらいかけて周ってくれる。

嬉しいことに豪華なフェリー遊覧もセット!20分くらいかけて周ってくれる。

ポートアーサーの周りの海はサメが生息しているらしく、それも脱出不可能に拍車をかけている。

ポートアーサーの周りの海はサメが生息しているらしく、それも脱出不可能に拍車をかけている。

刑務所だったとは思えないほどのどかな雰囲気。

刑務所だったとは思えないほどのどかな雰囲気。

パンフレットの表紙にもなっている教会跡。真似して撮ってみた(笑)

パンフレットの表紙にもなっている教会跡。真似して撮ってみた(笑)

刑務所跡を見てすぐに終わりかと思っていたんだけど、思っていた以上に広くて全部周るのに3時間ちょっとかかったかな?
時間に余裕があればベンチでピクニックとかをしても気持ちよさそう♪

とにかく絵になる場所が多いので、友達とか数人で行って楽しむのがオススメかも。
日本語のガイドブックみたいなものもあるから、ガイドさんはなしにして自分たちのペースでのんびり周ってみよう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で