広大な土地と豊かな自然。
世界遺産も数多く抱える魅力的なオーストラリアだが、その魅力のひとつとして「ワーキングホリデー」があげられる。

実はオーストラリアはワーホリの人気国No.1で、ピーク時には各国から訪れる人でどこの宿もパンパン。
中には宿の外にテントはってまで働く人がいるほどの人気っぷりなのだ。

人気の秘密は治安がとても良く、衛生面・医療面においても世界最高水準の国であること。
さらにオーストラリアは世界でもトップクラスに給料がいいから、そりゃ働かないわけにはいかない!

ってことで、僕ら夫婦も世界一周新婚旅行中にワーホリしてみたので、初めて来る人へアドバイス♪
いきなり無計画でワーホリをしに来た僕らはその分失敗も多くしているので、ワーホリする前に知っておいたほうがいいことを6つにまとめてみた。

1、そもそもワーホリってなんなのか?

ワーホリという言葉を初めて聞く人もいると思うから、まずはその概要から。

ワーキング・ホリデー(英語: Working Holiday)とは、2国間の協定に基づいて、青年(18歳〜25歳または30歳)が異なった文化(相手国)の中で休暇を楽しみながら、その間の滞在資金を補うために一定の就労をすることを認める査証及び出入国管理上の特別な制度である。
-Wikipediaより引用-

ちょっと難しく書いていて何の事か分からないけど、ワーホリとはビザの一種で
つまりは、海外で働こう!ってこと。

海外で働くことを夢にしている人もいるだろうし、僕らみたいに旅をしながら資金を集めたいって人にもオススメな制度。 

2、ワーホリに条件はあるのか?

国と国との協定に基づいて働くことになるので、もちろん誰もが働けるわけではない。
もちろん信用がなかったり治安が悪かったりする国ではこの制度すらないのだが、まずは個人の条件を簡単に説明していこう。

・日本の国籍を有する
・パスポートの有効期限がワーホリの滞在期間をカバーすること
・年齢が18歳以上で31歳になっていないこと (ワーホリ申請時)
・帰国時航空券代+5,000豪ドル(約40万円)相当の預金があること
・オーストラリアで休暇を楽しむのが主目的であること
・以前にオーストラリアのワーキングホリデービザを取得し、渡豪していないこと
・健康であること(公認の病院での健康診断証明が必要)

以上がオーストラリアでワーホリをするための条件だ。

特に難しいものはないが、ちょっと気になるのは資金面と健康面だと思う。
誰もが心配する預金だが、正直預金は40万もなくて大丈夫。日本人はお金を持っていると思われているので特にチェックもない。

面倒なのは健康面で、オーストラリアが認めている病院でなければ健康診断を認めてもらえないので、住んでいる場所次第では大変!
僕らは申請時にインドネシアにいたので、その時住んでいたバリ島にたまたま病院があったから助かったけど、なければ日本に一時帰国しなければいけなかった。 

3、ワーホリにはどんな仕事があるのか?

気になる仕事内容だが、これは本当にピンキリ!
人気が高いのはチェリーやベリー系のファームだったり、よく聞くのはオーストラリアにあるジャパニーズレストラン。あとはサーモン工場や果物を詰め込むパッキングの仕事。

大穴というか是非働いてもらいたいところはカジノのディーラー。
めちゃくちゃ給料がいいらしいから、英語が得意な人は挑戦してみるといいかも!

 仕事の選び方として重要だと思ったのは「英語を話せるか」と「セカンドビザを取りたいのか」どうか。
この2つ(またはどちらか)が当てはまるなら一気に選択肢が狭くなる。

僕らは英語があまり達者ではないから、あまり言葉を話さなくてもいいファームで働くことにしたし、セカンドビザが取れないところもある。

どんな仕事をしたいかよりも、何を目的として働くのかで仕事を探してみよう!

4、オーストラリアのどこに行くべきなのか?

 どこに行けば仕事があるのか?ってことだけど、これは正直探せばどこにでもある。
レストランや工場とかは本土のどこにでもあるし、ファームで人気なのはオーストラリアの南東にあるタスマニア島というところ。

僕らの場合は最初メルボルンで仕事を探し、ファームの仕事が見つかってタスマニアに移動って感じになった。
いきなりオーストラリアに来る人もいるけど、時期によっては仕事が見つかりにくい時もあるので、日本で探して確定してから来ることをお勧めする。 

5、ワーホリにオススメの時期はいつ?

時期に関してはどの仕事を選ぶかによって大きく変わってくる。
レストランや工場など季節が関係ない職種はいつでもいいが、ファームに関しては絶対に行ってはいけない時期があるので注意が必要。

ファームで働きたい場合、冬(7〜9月くらい)は絶対に避けた方がいい。
フルーツや野菜の収穫もなく、アップルやブドウの木を整えるという地味で長く続かない仕事しかないのだ!
正直仕事はないと思った方がいいくらい。

僕らはこの時期に来てしまった為(しかも無計画)に中々仕事が見つからず、ようやく見つかった仕事も2週間で終わりを告げてしまった。
バックパッカー宿で聞いても、仕事の時期を待って待機している人が多い。

ファームの場合は11月くらいから来るようにしよう。
特に人気があるチェリーファームとかに当たれば月50万円を稼ぐことも可能だ。

6、ワーホリ時に何が必要なのか?

一番必要だと思ったのは車と英語力。
日本にいる間になるべく英語に磨きをかけ、車を買う覚悟を持ってこよう。

どちらも絶対に必要なわけではないが、長期的にいる場合は2つとも必要になるだろう。
特に車は、仕事でも遊びでも使うことが多く、オーストラリアはとにかく広い(しかも交通費は高い)ので移動手段を持つにこしたことはない。 

まとめ

夢リストにも書いたくらいやってみたかったワーホリ。
特に僕は30歳でギリギリなので、ラストチャンスを逃さなくて本当によかった。

まさか新婚旅行中に海外で車を買って働くなんて思わなかったけどね。
しかも職を失い、仕事探しのためにいろんな場所にアタックしに行くとは(笑)

貴重な体験をさせてもらってます!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で