ゆうや
今回はGoogleマップの機能を使って世界一周のルートを実際に作ってみよう!

なおみ
あのワクワクするやつだね♪

ゆうや
そうそれ!ただ行きたい国を文字にして順番に並べても、旅に出る実感って全然わかないんだよ。だから実際に地図を使うとバッチリイメージ出来て、嫁ちゃんみたいにワクワクしちゃうってこと。

なおみ
でも、、、私みたいにパソコンが苦手な人には難しそう。

ゆうや
それでも大丈夫!今回は画像付きの解説で、初めてGoogleマップを使う人でも作れるようになってるんだよ。

なおみ
さすが夫ちゃん!頼りになる〜

ゆうや
ってことで、世界一周に行きたいと思っている人は、この機会に一緒に作ってみよう♪

ステップ1、行きたい国をリストアップする

まずは行きたい国や場所をとにかくリストアップしてみよう。期間や費用に関しては今は忘れ、欲望のままに挙げていくのがコツだ!

記事の後半で書いていくけど、この段階でリストアップした国は本決定ではない。このリストと今回作成ルートを元にして、最終決定まで練りあわせていくわけだ。

もし期間と費用が気になるって人は下記の記事を参考に。

 

世界一周といえば何十カ国もイメージすると思うけど、今回は例ということで、ワンワールドが提案している「1週間で行く!世界一周」という、おそらく世界最短でいけるルートを例にしてみよう。

行く場所はロンドンとニューヨーク。以上!笑
(※手抜きとかではなく本当にあるプランです)

ただ、このままでは陸路ルートの作成例を見せられないので、アメリカを横断してみよう!

今回作成するルートは

日本(東京)→ロンドン→ニューヨーク→サンフランシスコ→日本(大阪)

のルートだ!

ステップ2、Googleマップの機能「マイマップ」を開く

じゃあ早速作成していこう。まずはGoogleマップを開く。
↪︎https://www.google.co.jp/maps/

Googleマップを開いたら、検索窓の横にあるタブをクリック

タブが出てきたら「マイプレイス」を選択

マイプレイスの中から「マイマップ」を選択

マイマップが開けたら、タブの下にある「地図を作成」をクリック

新規ウィンドウが開くと「無題の地図」と表示されているところがある。まずはマイマップの名前を変更していこう。

名前を変更するには、「無題の地図」と表示されている箇所をクリック

するとポップアップ画面が出てきて名前を変更することが出来る。

今回は「世界一周ルート」というタイトルで進めていこう。

ステップ3、マイマップに行きたい国をチェックしていく

マイマップの準備が出来たら、あとは行きたい国をガンガンチェックしていく。

まずは出発地日本!
検索ウィンドウに「日本」でも「東京」でもいいので好きな場所を検索する。今回は東京スタートなので、「日本 東京」で検索している。

検索された場所が表示されて、緑色のピンが打たれているのが分かる。この場所で間違いなければ「地図に追加」というところをクリックしよう。

ピンの色が緑から青に変わって(違う色の場合もあるかも)、左がのルートに「東京」が加わったのが分かればOK!

あとは同じ要領で国や場所を追加していこう。
↓の写真がが今回行く国と場所を全て追加したもの。

もし国や場所を間違った場合は、国をクリックすると出てくるポップアップ画面の中にゴミ箱マークがある。そこをチェックすれば削除することが可能だ。

ステップ4、ルートを追加して国と国を結ぶ

行きたい国を全てチェックし終えたら、次はいよいよ国と国を結んでいく。ここから一気に世界一周感が出てきて、テンション上がること間違いなしだ!

まずは東京からロンドンを結ぶ。
検索ウィンドウの下にある「ラインを描画」というところをクリックしてみよう。

クリックするといくつか選択肢があるので、その中から「ラインやシェイプを追加」を選ぶ。

「+」のようなものが出てくるので、それで東京とロンドンのピンを結んでみよう。慣れるまでちょっとコツがいるけど、最初は適当に結んであとで微調整するのがいい。

場所を編集したかったり、線の色が気に入らないって場合は、ポップアップで出てくる編集画面から行おう。画像を追加したりも出来る。

新しいラインを追加し、同じ要領でロンドン→ニューヨークを結ぶ。

次はニューヨークからサンフランシスコだが、今回は横断なので飛行機ではなく車というとんでもない旅になってる。

陸路を車で移動する場合は、検索ウィンドウ下にあるライン描画から「運転ルート」を選ぼう。

運転ルートを選ぶと、新しく車用のレイヤが追加されているのが分かる。

車用レイヤを1クリックすると出発地(A)と目的地(B)を決める項目が出てくるので、Aにニューヨーク、Bにサンフランシスコを入力しよう。入力しなくてもピンをクリックすれば勝手に表示してくれるので楽な方でやった方がいい。

AB共に入力するとあとは勝手にルートを検索してくれる。

あとはサンフランシスコと大阪を結ぶだけなんだけど、なぜか車のルートを作成すると続けてラインを追加出来なくなる。その場合は新しくレイヤを追加することで、再度ラインを作成することが出来るようになる。

あとは同じ要領でサンフランシスコと大阪を結べば世界一周ルートの完成だ!
 

ちょとは世界を一周していることをイメージ出来ただろうか?やるのとやらないのとでは、イメージの湧き具合が全然違うので、ぜひ作成してみてほしい!

ステップ5、作成したマイマップの活用方法

この世界一周用のマイマップは、もちろん作って終わりではない。有効な活用方法があるのでそれを紹介していこう。

その1、世界一周航空券を購入する時に活用する

前半でこのルートマップは本決定ではないという話をしたんだけど、ルートを決めるにあたって大切なことはプロの意見を聞くということ。専門の人にアドバイスをもらいつつ、それを修正しつつ、自分たちの予算と相談しつつ、本当のルートを決めて行くのがいい。

これは世界一周航空券に限定する必要はないけど、もしあなたが旅行のプロである航空会社やツアー会社に相談したい!と思った時に役だってくれるのがこのマイマップだ。

漠然と「世界一周行きたいんです〜」ってよりも、「もう行きたい国のリストとルート作ってきたんです!」では、相手の対応も相談することも大きく変わってくる。

より具体的な相談や話をしたいなら、確実にルートマップを持っていこう。

その2、SNSに投稿しアドバイスをもらう

ルートマップが出来たら、思い切ってSNSに投稿して、「私はこの国に行く!」ってことを知ってもらおう。

なぜこんなことをするのかというと、あなたの周りに世界一周をした人がいなかったとしても、1ヵ国単位で見れば経験者がたくさんいるからだ。

そんな旅の大先輩たちから、おすすめスポットや何か一つでもアドバイスがもらえれば儲けもんだ!

その3、旅中のスケジュール管理に

いざ世界一周に旅だってみると、次どの国に行ってどんな流れで周っていくのかということを結構忘れてしまう。(僕らだけかも?笑)

そんな時にこのマップを見れば全体図から、陸路なのか空路なのかまで分かる。

僕らのように忘れっぽい人は必須だ!

その4、旅の足跡を残し、一生の思い出を作ろう

これは行く前ってよりも、世界一周中や、終わった後にやってもらいたいこと。

実際に行った国だけでなく、地域や小さな町にまでチェックすることで、自分が世界を周ったという証を刻み込もう。写真をつけたりするとなおよし!

完成した頃には、大きな達成感と充実感、そして一生忘れられない思い出が残っているはずだ。

 


 

なおみ
私たちも世界一周が終わったら、行った国や場所を全部載せたマップ作ろうね♪

ゆうや
そうだね。写真とかも載せて、見る人がワクワクするようマップにしたいね。

なおみ
普通旅に行ったら思い出は写真とか日記とかだけど、マップってすごい斬新で面白いって思った!

ゆうや
慣れるまでは作るのもきっと大変だと思うけど、絶対に旅の役に立つツールだから、ぜひ作ってみてね♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で