『紙に夢を書いたら叶う』

そんな話をとある成功者から聞いて、素直に書いてみた。

ちょっと疑う部分もあったけど、書いてみたらなんと!!
次々と夢が叶っていくではありませんか!?早いものだと書いてから3日で叶ったりとかも。

今ではその根拠も科学的に解明されていて、これは書かないだけ損だな!と思い、日々夢リストを更新中!このサイトでは、『家族と叶えたい夢』をテーマに夢リストを作っているから、それも一度覗いて見てね♪

あなたもこの記事を見るくらいなので、夢を叶えたいって願望は人一倍強いと思う。
ぜひ参考にして、自分だけの夢ノートを作り、夢の達成へと近づけてほしい。

 

夢ノートの作り方

◎STEP1、ノートを1冊用意する

ノートは夢という種をまく土台になるもの。
自分がテンション上がるような、お気に入りの1冊を見つけよう!

ちなみに僕と嫁さんの夢ノートは、普通の大学ノートにデザインが素敵な折り紙で装飾した完全オリジナル。手作り感たっぷりだが、そのぶん思い入れが強くなる。

◎STEP2、できるだけたくさん夢を書き出す

ノートを用意したら、あとはひたすら夢を書くだけ!
番号の横に夢を書いていくと見やすくなるのでおすすめ。

とにかく夢をたくさん書く!以上!笑

本当にその通りではあるんだけど、いくつか書き方にポイントがあるので、それは下記の解説を参考にしてもらいたい。

 

夢ノートの書き方

特にこれといって決まりがあるわけではないが、経験上こうしたほうがいいというアドバイスがある。より夢ノートの効果が出るのでやってみてほしい。

◎POINT1、夢は大きくても小さくてもOK

夢は立派なものでないといけない。そう思ってる人も多いみたいだが、全くそんなことはない!
一生をかけて叶えたい夢から、本当にくだらない夢、目の前のやりたいことまで、制限なくなんでも書いてみよう。

コツとしては、「もしドラゴンボールが手に入ったら〜」とか「もし1億円を手に入れたら〜」って感じでイメージしていくと、ワクワクして夢がいっぱい出てくる。

◎POINT2、表現はより具体的に

例えば、「海外旅行に行きたい」という夢よりも「フランス旅行に行く」のほうが具体的である。より具体的にするなら「◯◯年の◯月にフランス旅行をする」といったように、期限を決めていくといい。

夢をより具体的にすることで、後から見返した時に、自分の意欲や行動に繋がりやすくなる。

◎POINT3、新しい夢をどんどん書き足す

夢ノートは一度作って完成ではない。
子供の頃の夢と、大人になってからの夢が違うように、誰もが日々成長したり変化したりする。夢ももちろん日々変わっていくので、新しいのが思いついたらすぐに加える癖をつけよう。

◎POINT4、ノートは定期的に見返そう

夢ノートは頻繁に見るほど叶う確率がアップする。
書きっぱなしではなく、ノートを見ながら夢が叶った時の自分を想像してみよう。

叶った時をイメージすることでモチベーションも上がり、次の行動へと移しやすくなる。

◎POINT5、叶った夢には印を付ける

ノートを見返した時に、叶った夢にはチェックを入れるようにしよう。
少しずつでもチェックが入っていくと、やはり嬉しいものだ。特に数日しかたっていないのに2つとか3つ夢が叶っていた時の喜びは忘れられない。

この「嬉しい」という気持ちが、僕らをさらに成長させ、動かしてくれる。
こればかりは、まず体験してみてほしい。

 

夢が全くない…そんな人はどうすればいいのか?

夢が全くない人には

特に最近の若者に「夢はなにかある?」って聞くと、「特にやりたいことはない」って返ってくることが多い。もちろん若者だけではないが、現実的というか、何か諦めているような、そんな感覚を覚えることがある。

それにはちゃんと原因があるので、今夢がないからといって気にする必要はない。
ここでは夢が思い浮かばない人のために、対処法をいくつか用意したので参考にしてみほしい。

◎「今できない」は気にしない!

夢が思い浮かばない人の特徴として多いのが、『今』の自分が出来るかどうかで判断してしまうこと。今出来るかどうかを言われてしまえば、僕の夢はほとんど出来ないものになってしまう(笑)

夢ノートを作るポイントは、今の自分を気にしないってことだ!

上記したが、「もしドラゴンボールが手に入ったら〜」とか「もし1億円を手に入れたら〜」って感じでイメージしていくと、ワクワクして夢がいっぱい出てくる。
ちょっとした条件をつけてあげるだけで夢がどんどん出てくるようになる。

◎「うらやましい」の感情をチェックしてみる

周囲と自分を比べて、「うらやましいなぁ〜」とか「いいな〜」と、そんな感情にぶつかった時は、自分がなぜそう感じたのかを掘り下げてみよう。

そこには夢に繋がる大きなヒントが隠されているかもしれない!
感情というのは人間の中でも大事な判断基準なので、ちょっとした感情の変化にアンテナを立ててみよう。

◎「昔好きだったことリスト」を作ってみる

無理に夢をもつ必要はないけれど、実は夢を諦めてしまっただけということもある。
特に子供のころは「出来ない」なんて考えないし、ぶっ飛んだ夢を持っていたはずだ。

大人になってから知る「常識」や「現実」が夢の邪魔をすることはよくあるので、子供のころの気持ちに戻って考えてみよう。

◎「褒められたことリスト」を作る

夢が思い浮かばない時は、「私はダメなやつだ〜」って感じに、思考が負のスパイラルを生んでいる可能性がある。マイナスの思考では、プラスである夢はなかなか浮かんでこない。

まずはマイナスの思考をプラスに変える必要があるので、今でも昔のことでもいいから「周囲に褒められたリスト」を作ってみてほしい。それを眺めているうちに思考が前向きになったりする。

◎「夢を叶えている人」と一緒に行動してみる

これは僕自身の夢が増えるキッカケになった行動。
多くの人は「何が出来るか?」を知らないだけだったりする。

例えば、1億円を手にした時のことをイメージしたとしても、ほとんどの人は1億円なんて手にしたことがないから、そのお金を使ってどんな遊びがあるのかを知らない。

だからこそ、実際に夢を叶えている人や成功者と呼ばれている人と一緒に行動してみるといい。今まで知らなかった世界を体験することができ、こんなことまで出来るんだ〜とワクワクが止まらなくなる。

 

夢ノート作りでやっちゃダメなこと・注意点

注意・NG

基本的には好きなように書いていけばいい夢ノートだが、効果が半減どころか、どれだけ夢を書いても逆に叶わなくなってしまうことがある。

夢を叶えるために書いているのに、逆のことをしていては意味がないどころの話ではない。それだけは避けてほしいので、これから伝えることはしっかりと頭に入れてほしい。

◎願望のまま終わらせない

よく「◯◯したいよね〜」という人を見かけるのだが、これが願望の状態。
このままでは実は叶わないということを理解しておいてほしい。

本当に夢を叶える人、行動する人は、「◯◯したい」なんて言葉を使わない。
これを「◯◯する」に変えることで、一気に夢を叶える方向に向かっていくから不思議!

夢ノートに書くことだけではなく、普段の言葉から気をつけてもらいたいのだが、

・◯◯したい
・◯◯しようと思う

この2つの言い回しは夢を遠ざけるだけなので使わない方がいい。
自分のノートや日々の言動を見直して当ては回るようなら、今この瞬間から使わないようにしよう。

◎「出来ない」と最初から思わない

これも当たり前っちゃ当たり前。
出来ないと思うなら最初から書かない方がいいし、そう思うことで脳みそは「出来ない理由」を探し続けてしまう。

逆に、あなたが「どうすれば出来るか?」を考えるだけで、脳みそは勝手に「出来る理由」を探してくれるようになる。

出来ない理由と出来る理由。どっちを脳みそに探させた方がいいかは小学生でも分かる。

出来ない理由を探すのが習慣化されている人は、気づいた時でいいので出来る理由を探すクセを付けていこう。

◎夢に固執しない

夢ノートを何度も見ているうちに、その夢自体に固執してしまう人がいる。
ただ、その夢にこだわっていても何の進展もないことを知っていてもらいたい。

その夢を叶えるのに必要なのは、あなたの行動であり、何かしら数値化した目標があるはずだ。

例えば、世界一周したいとして、この夢に固執しても意味がない。
それに必要な150万円という資金だったり、半年という休みをもらう必要があったり、あなたが目指すべきものはいつだって数値化出来るものでなければいけない。

固執するべきは数値化した目標であり、夢ではない。

 

まとめ

難しいことも色々と書いたが、まずはやってみてほしい。
とにかくやらなければ意味がないので、行動することから始めよう!

例え間違った書き方をしていたとしても、後でなんぼでも変更してしまえばいいのだ。

夢ノートではないが、僕の夢リストもあるので参考にしてほしい。
家族と叶える夢リスト100』という、自分だけではなく、家族とやりたいことだけを書いた僕の特別な夢ノートだ。

僕は嫁さんという人生のパートナーが出来て、そこで初めて誰かと一緒に叶える夢もいいな〜と思えた。それまでの夢リストは、本当に自分1人で叶えたい、エゴの塊みたいな集まりだったから、自分の心境の変化にも驚いてる。

あなたも、自分だけの特別な夢ノートを作ってみてくれ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で