結婚式と言えば、どんな種類を思い浮かぶだろうか?
そもそも結婚式に種類なんてあるの?と思う人もいるかもしれないが、実は結構多い。

筆者も自分ごとになって初めて知ったことだが、結婚式にはホテルウェディングや専門式場、レストランウェディングから海外ウェディングまで色んな場所や種類が存在している。

最近では少し敷居を下げた楽婚や格安結婚式が人気だが、それ以上に今人気急上昇中なのがこの写真だけの結婚式『フォトウェディング』だ。

聞いたことがない人も多いかもしれないが、いざ結婚するとなればやりたくなること間違いなし!
それほど魅力が詰まったフォトウェディングの人気の秘密を徹底解剖していくので、ぜひ結婚を考えている人は参考にしてみてほしい。

 

フォトウェディングってどんな結婚式?

結婚式ってのは、自分ごとになるか仕事にでもしない限り、そうそう知識がつくものでもない。
そもそもフォトウェディングってなんだよ!?って人のために、まずはどんなものかを解説していこうと思う。

◎ウェディングドレスを着て写真を撮る!たったこれだけ(笑)

人気のフォトウェディングってどんな結婚式?

こういった定義のようなものは、よく難しく考えてしまいがち。
ようはそれっぽく見えれば何の問題もないので、ウェディングドレスさえ身につけていればいい。難しいことは考えずに、自分が思うフォトウェディングを実現させよう♪

実際に世界中で撮影している色んな人の写真を見てみると、ドレス姿の横にジーパンと白Tシャツの男性が立っているだけで、フォトウェディングに見えるから不思議(笑)

一応分かりやすいように定義付けをすれば、
フォトウェディングに必要なのは次の2つ。

・ウェディングドレス(結婚衣装)
・シチュエーション(場所や雰囲気)

ウェディングドレスはもちろん必須だが、より「結婚」の雰囲気を醸し出してくれるのがシチュエーションだ。

どこで撮影するかも大事だが、それっぽさを出すのに役立つのがカメラ。
最近のカメラはかなり高性能なので、素人が撮ってもプロ並みの1枚が生まれることがある。

カメラで悩んでいる人は「フォトウェディングにオススメなカメラの選び方」を参考にしてみてほしい。

◎前撮りやウェディングフォトとは違うの?

インターネットでフォトウェディングという言葉を検索すると、前撮りやウェディングフォトといった、かなり似たような言葉が多く出てくる。

一応参考までにどんな似たような言葉があるのか紹介していこう。

・前撮り撮影
・ウェディングフォト
・ロケーション撮影
・スタジオ写真
・スナップ写真

などなどが、よく出てくる名前だ。

まとめてしまえば全部結婚式のための写真なんだけど、目的によって呼び方が変わったりするから、自分が望んでいるものがどれか理解はしておこう。

とにかく、大事なことは周囲がどう定義しているかよりも、2人にとってどんな写真であるかだ!
例え、白いワンピースに花かんむりだけで、隣の男性がTシャツにジーパンだったとしても、その2人にとってそれがフォトウェディングであれば何の問題もないと思っている。

 

フォトウェディングが人気な7つの理由

今では人気がありすぎて様々な会社が参入してきているのがフォトウェディング。
その秘密を知ることで、誰もが撮影したくなることは間違いなしだ。

今回は人気の秘密を7つ分けてみたので、撮影しようか悩んでいる人は参考にしてみよう♪

◎理由1. 結婚式は挙げないけど、思い出は残しておきたい

写真だけの結婚式フォトウェディング

結婚する人はみなさんの周りにも多いと思うが、その中でどれだけのカップルが結婚式を挙げるだろうか?最近では「ナシ婚」という言葉を耳にするようになり、実はカップルの1/2は結婚式を挙げないそうだ。

婚姻届を出すだけで、挙式や披露宴といった一般的に言う結婚式をしない事をナシ婚というらしいが、それでも、ウェディングドレスに身を包んだ花嫁姿を夢見た女性たちも少なくはない。
せめてドレスだけは着てみたい!って思いから、写真だけの結婚式をしてみようと挑戦するカップルが急増している。

婚姻届が悪いわけではないが、やはり紙一枚を提出しただけでは結婚の雰囲気というか気分を味わうことは出来ない。
ゼクシィの付録にあるような可愛い婚姻届ならまだしも、役所でもらう婚姻届はあまりに味気なく、常に現実の中にいる気分になってしまう。

せっかく結婚するのだから、一度はフォトウェディングという非現実的な空間で花嫁を体験してもらいたい。きっと最高のスタートで結婚生活を迎えられるはずだ♪

◎理由2. 普通の結婚式と比べて格安で出来る

フォトウェディングで結婚式費用を節約

いきなり現実的な話になるが、結婚式を挙げられない理由で一番多いのが「資金・費用」についてだ。こればかりはかなりシビアな問題にもなってくるし、気持ちでどうにかなるものでもない。

都内で結婚式を挙げようと思えば、300万〜400万円は普通にかかってくるのに対して、フォトウェディングは業者に頼んでも10万円前後で出来る場合も多い。

業者に頼らず自分たちでやるとなれば数万円で撮影することも難しくはないので、一眼レフやウェディングドレスを友人から借りられる人は挑戦してみよう♪もし、全部を友人から借りることが出来れば、0円撮影も夢ではない!

ちなみに僕たち2人も最初のうちは一眼レフを持っていないので、カメラを友人から借りて撮影をしたりしている。

「結婚式はお金がかかるから無理!」と諦めず、アイディア次第では0円でも出来る自分だけのフォトウェディングに挑戦してみよう♪

◎理由3. 結婚式の準備や前撮りを兼ねて撮影出来る

結婚式の前撮りで準備を完璧に
出典:www.agorazion.com

中には、結婚式を挙げるにも関わらずフォトウェディングを撮影する人もいる。

前撮りといって、結婚式当日の準備を兼ねての写真撮影会だ。
前撮りでは、当日のメイクやヘアーセットのリハーサルも兼ねているので、結婚式当日でこんなはずじゃなかった!と後悔しない為にも、ぜひやっておきたい。

結婚式当日は新郎新婦は結構忙しくドタバタするもの。
そこでゆっくり撮影する時間がないからこそ、前もってウェディングドレスとタキシードを着て撮影しておこうという目的もある。

実際のウェディングドレスを着るからこそイメージも湧くし、写真はウェルカムボードやアルバムにも使えるから、まさに結婚式の準備のための撮影だ。

撮影も楽しめて、結婚式の役にもたつ。
まさに一石二鳥なフォトウェディングが前撮り撮影なのだ。

◎理由4. 女性の憧れ♪色んなウェディングドレスが着られる

フォトウェディングが人気の秘密

女性の欲は深いもので、純白のウェディングドレス1着だけでは満足出来ない人も多い(笑)
たしかに披露宴でも女性のお色直しはよく聞くが、男性のお色直しはあまり聞かないから納得出来る話でもある。

特に多いのが、実際の式はウェディングドレスしか着ないから、写真では和装を着たい!とか、逆のパターンで式が和装だから、写真だけは絶対にウェディングドレスを着たいっていう人。

どっちも着たいなんて贅沢だな〜と世の男性は思うかもしれないが、そこはぜひ女性の夢を叶えてあげてほしい。

フォトウェディングでは衣装に決まりはないので(式場の前撮りの場合は当日の衣装と同じなど制限があるケースがある)、女性が本当に着たいドレスをチョイスしよう♪

憧れのブランドドレスでも、好きな色のカラードレスでも、和装にしても各国の民族衣装にしても、フォトウェディングでは何だってあり!

実は、僕ら2人がフォトウェディングをしようと思ったキッカケも、世界中の民族衣装を着てみたいと思ったから。

色んな結婚式衣装を楽しめるのは、フォトウェディングならではの楽しみ方だ!

◎理由5. 自由度が高いから、自分が望む写真を撮れる

バックパックウェディング
出典:matome.naver.jp

フォトウェディングに制限はない!
自分の好きな場所、想像の世界、理想の花嫁姿から世界遺産をバックに。とにかく、やりたいことを実現出来るのが魅力だ。

上の写真は、今最も人気のあるウユニ塩湖で撮影された日本人カップルの写真。
場所が変わっただけで、こんなにも幻想的な写真を撮ることが出来る。

通常の結婚式は流れや形式など、どうしても固定観念に縛られてしまうことも多い。
それに対しフォトウェディングは、自分の好きなように撮ればいいだけなので、解放されたような気持ちになる(笑)

どこで、どんなシチュエーションで撮りたいのか。
考えるだけでテンションが上がってしまうこと間違いなし!!

結婚式でやりたいことが出来なかったって人は、写真をぜひこだわってみよう。
結婚式をしていないカップルも、一生の記念と記憶に残るような一枚に挑戦してみてほしい。

◎理由6. プロが撮影するから、まるでモデルになった気分♪

フォトウェディングが人気の秘密

撮影される楽しさを感じたことはあるだろうか?

これは業者やプロに頼んだ時限定だが、やはりプロと素人では写真の出来に雲泥の差がある。
完成度だけではなく、撮影するまでの瞬間や、ポーズやシチュエーションに関してもここには大きな差がある。

特に、最初の撮影で緊張するカップルも少なくはなく、実際に結婚式当日で表情が硬いことはよくある。この緊張感も、プロのカメラマンは絶妙なテクニックで楽しさへと変えてくれる。

本当にこれが自分なの!?と言いたくなるくらいの奇跡の一枚も出てくるので、一度はプロの撮影を体験してみてほしい。

僕も実際に一眼レフを持って写真を撮ってみたが、知識もテクニックもないため、結果はブレブレ(笑)同じカメラでもここまで違うのか!ってくらい差が出るから、カメラに自信がない人もぜひプロに頼んで撮影してもらおう。

モデル気分を味わうことも出来るし、完成度はお墨付きだ!

◎理由7. 幸せを何度も体験出来る!

フォトウェディングが人気の秘密

これは僕らが世界中でフォトウェディングを撮りたいと思ったことの原点かもしれない。

僕たち2人は、ブライダルフェアも50会場以上まわるほどの結婚式マニア(笑)
ウェディングドレスやタキシードを着て、嫁さんの喜ぶ顔を見て、こんな幸せなイベントなら何度でも体験したい!って思えた。

幸せなことだからこそ、一度でいいって人もいると思うけど、僕らは欲深いみたいで何度も体験したいって思ったんだよね(笑)

でも、日本でも海外でも結婚式を何度もやるのはお金がかかりすぎて、よほどな金持ちじゃない限りそんなのは無理!!
なんとかして何度も結婚式挙げられないかな?って考えて、それで辿りついたのがフォトウェディングだった。

愛する人の喜ぶ顔が何度も見れる。
それって男としては最高に誇らしくて嬉しいことだと思う。

 

どうやってフォトウェディングを撮影するの?

ここまで記事を読んでもらえれば、ちょっとでも「フォトウェディングをやってみたい!」って気持ちが生まれてきているはず!
そうじゃない人はページを閉じてもらって、興味がある人にはフォトウェディングの撮影方法を紹介していこうと思う。

撮影方法は大きくわけて2つ。
「業者に頼む」「自分たちで撮る」かのどちらかだ。

◎フォトウェディング・前撮り専門の会社で撮影する

フォトウェディングの撮影方法

もし自信がない場合、ちょっと値段は張るが業者やプロのカメラマンに頼んだほうがいい。

金額は10〜30万円ほどかかるが、完成した写真は、もはや芸術の域!
失敗することはまずないし、いい写真が一枚も出てこないなんてこともない。

それになんといっても、ウェディングドレスや小物の用意から、メイクやヘアーセットまで、写真撮影に必要なものは全て揃っているケースがほとんど。
ゼロから全部揃えては時間もお金も手間もかかってしまうことを考えると、それ以上の価値はある。

フォトウェディングの会社を探したい場合は、「地域別 理想のフォトウェディングが叶う24の写真スタジオ」を参考に選んでみてほしい。東京から大阪や京都まで、人気のある結婚式専門のフォトスタジオを紹介している。
写真スタジオの選び方から参考の値段まで、知りたいことは大体書いているので、初めての人にはオススメだ♪

◎ちょっと難易度UP!道具も全部用意して自分たちで撮影する

フォトウェディングを自分で撮影する方法

自分たちで撮影する場合は、かなり難易度がアップする。
というのも、上手く頭を使えばお金は全然かからないのだが、完璧を求めていくと必要になるモノが多すぎて、その分費用と手間はプロに頼む何倍もかかってしまう。

ただ、それを乗り越えてしまえばかなり面白い!!

女性は自分だけのウェディングドレスを探すわけだし、僕はカメラを選ぶのが楽しい♪
どこで撮影するかや、どんな小物を使うか、アイディアだって自由な発想で何だってやれるから楽しくないわけがない!

最低限の道具と、ちょっとした専門知識さえあればどんどん自分たちで撮影していこう。

もし挑戦したいって人は「2人でフォトウェディング♪撮影方法から必要な道具と費用までを徹底解説」からヒントを得てみよう。

何も知識がないまま挑戦するとお金ばかりかかってしまうが、ちょっとしたコツも教えているから、参考にして楽しく撮影しよう!

 

まとめ

フォトウェディングは楽しい!!
正直、それだけで人気の理由が分かる。

結婚式を挙げられない人も、挙げたけどまだ物足りないって人も、フォトウェディングでもっともっと幸せな気持ちになろう♪

僕ら2人は旅とフォトウェディングをセットにしているから、旅行したいところでついでに撮るって感じ(笑)

アイディアは色々だから、自分だけのフォトウェディングを見つけてみよう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で