なおみ
世界を周ってると世界一周航空券ってやっぱり憧れちゃうよね〜

ゆうや
分かる!チケットの名前からして世界一周してやったぜ!感が出てるもんね(笑)

なおみ
ということで、今回は世界一周航空券について熱く語っちゃうよ〜!

ゆうや
僕たち夫婦が疑問に思ったことや知っといた方がいい情報を8つにまとめてみたよ。

その1、世界一周航空券とは

そもそも世界一周航空券ってなんなの?っていう話から。

世界を自由に飛び回れる夢のようなチケット。
そんな風にイメージしている人もいるかもしれないけど、実際はそこまで万能なものではない。

簡単に説明すると、出発地から到着地までの航空券がセットになったサービスのことを世界一周航空券と呼んでいる。この世界一周航空券というのは、一枚のチケットではなく、また回数券でもなくて、世界の各国ごとの区間のチケットとなってる。

例えば、

1枚目:東京ー台湾
2枚目:台湾ーカンボジア
3枚目:カンボジアーフランス
4枚目:フランスーニューヨーク
5枚目:ニューヨークー東京

みたいな感じに、この場合だと5枚のチケットの集まりが世界一周航空券というわけだ。

もちろん渡されるのはeチケットで、実際の航空券を渡されるわけじゃないから実感が湧きにくいかもしれないけど、これが十数ヶ国分の航空券が束になったものだと想像しただけでワクワクしてしまう!

その2、世界中どこにでも行けるのか?

結論からいうと答えは「No」
世界一周航空券という名前のイメージからどこにでも行けそうな気はしてしまうけど、実際には各会社によって制限や条件があったりする。

というのも販売する航空会社によっては、提携している就航便が違ったり、得意地域が違ったりするからだ。例えばモアイ像で有名なイースター島には、ワンワールドという会社でしか行けなかったりする。

じゃあ、その会社が行ける国は全て行くことが出来るのか?という疑問の答えは、これも「No」だ。

実は各会社によって行ける大陸の数や滞在都市数、区間数というのに制限がある。だからこそ、購入前にある程度のルートなどを決めておかなければならないのだ。

世界一周ルートの決め方は下記の記事を参考に

その3、世界一周航空券のメリットとデメリット

世界一周航空券のメリット

世界一周航空券の最大のメリットは、なんといっても価格面!通年で料金が変わらないから、ハイシーズンだから値段が上がるといった心配がいらない。

各航空会社には独自のプランがあって、その条件内であれば、なにをしても料金は変わらないのも特徴だ。せっかくだからその条件内をフルに活用したルートを組めば組むほど料金はお得になる。特にビジネスクラスとファーストクラスは、通常料金とは比べものにならないくらいの破格の安さだ。

もう1つのメリットは、チケットの有効期限が1年であること。
1年も期限あるから、ちょっと特殊な使い方として、留学や出張で海外に長期滞在するする人にも人気!帰国する時に、他の国や地域を何ヵ所か周遊するのであれば、世界一周航空券で購入した方がお得だったりする。

世界一周航空券のデメリット

世界一周航空券の最大のデメリットは「プランの自由度が薄れる」ということ。
各会社によってある程度の制限がされているため、1年以上の長旅をしたい人や、20ヵ国以上周りたいような人であれば、あまりオススメ出来ないかもしれない。

途中でルート変更が出来るとはいえ、最初に全てのチケットを購入するため融通がききにくくなってしまう。なので、好きな場所に好きなだけ、気ままに旅をしたいって人には窮屈な制限になってしまう。

僕らも自由に旅をしていたいタイプなので今まで購入を控えていたけど、それでも価格面がお得なので、途中から世界一周航空券を買うつもりだ。ただ、海外で購入する場合は取り扱っている国と取り扱っていない国があるので注意!

こんな感じで自由旅と世界一周航空券を組み合わせるのもアリだと思う♪

あとはルールが結構細かく決められているので、正直なところ手続きやルート決めが面倒(笑)

その4、世界一周航空券の種類と特徴

一般的にはこのようなグループの航空券がある。

スターアライアンス(SA)
ワンワールド(OW)
グローバルエクスプローラー
ラウンド ザ ワールド
スカイチーム

この5つが主要グループで、その中でも

スターアライアンス(SA)
ワンワールド(OW)
スカイチーム

の3つは、3大世界一周航空券と言われていて特に人気がある。

航空券なんてどこも一緒だろ?と思うかもしれないけど、実は各会社ごとに特徴があるので今回は3大世界一周航空券について簡単に解説していこう!

世界最大級のエアラインネットワーク スターアライアンス

Home – Star Alliance

旅行のテーマに合わせて自在に組み合わせるだけで世界一周旅行がお得な運賃で実現。

ANAマイレージクラブに加入することで、マイル数やポイント数が加算される。スターアライアンスの利用によりマイル数が貯まり、ゴールドステータスに到達した場合は世界中で特典を受けれる。スルーチェックインサービスで乗り継ぎのわずらわしさを軽減してくれるのがいい。

【特徴】
・マイル制の世界一周航空券
・全旅程で16区間以内、途中降機は3~15回まで
・同じ都市での途中降機は1回だけ、経由・乗り換えは3回まで
・就航便が多いので多くの都市をカバーしている。

【料金表】

  29,000マイル以内:
STAR1
34,000マイル以内:
STAR2
39,000マイル以内:
STAR3
エコノミー  358,900円 422,700円  494,600円 
プレミアエコノミー  553,800円 632,300円  734,800円 
ビジネス  705,500円 822,000円  958,900円 
ファースト  1,141,000円  1,344,000円 1,504,800円 

【利用可能な航空会社】
全日空、エア・カナダ、ニュージーランド航空、ルフトハンザドイツ航空、スカンジナビア航空、タイ国際航空、ユナイテッド航空、オーストリア航空、 シンガポール航空、アシアナ航空、LOTポーランド航空、スイスインターナショナル航空、TAPポルトガル航空、南アフリカ航空、クロアチア航空、アドリア航空、中国国際航空、トルコ航空、エジプト航空、ブリュッセル航空、エーゲ航空、エチオピア航空、アビアンカ-TACA航空、コパ航空、深セン航空、エバー航空、エアインディア

ワンワールドエクスプローラー

ワンワールド – JAL

大陸制のチケットになっている。
各大陸ごとにフライト制限があって、北アメリカは6回だけど、ほかは4回となっている。

イースター島へ行けるのは、唯一このワンワールドの旅券になる。

ちなみに一度出た大陸には戻ることができないので注意。出発点である日本はアジア大陸となるので、それも忘れないようにしておこう。

【特徴】
・大陸制の世界一周航空券。
・飛行機は最大で16回まで利用可能。(※ただし、各自移動区間も1区間とカウント)
・各大陸ごとにフライト制限あり。
 北米大陸が6回、その他の大陸(アジア・欧州・アフリカ・南米・オセアニア)は各4回。
・アジア大陸では、途中降機(滞在)できる回数は2回まで。
・一度出た大陸にもう一度入ることは出来ない。
 (※北米⇔南米、欧州・中東⇔アフリカの移動で例外あり)
・日本(出発地)もアジア大陸に含まれる。
・イースター島へ行ける唯一の世界一周航空券。

【料金】

  エコノミー ビジネス ファースト
3大陸 335,000円 656,300円 1,003,300
4大陸 354,600円 780,400円 1,182,500円
5大陸 418,800円 895,200円 1,370,200円
6大陸 485,000円 978,200円  1,495,100円

【利用可能な航空会社】
アメリカン航空(AA)、英国航空(BA)、キャセイパシフィック航空(CX)、カンタス航空(QF)、フィンランド航空(AY)、イベリア航空(IB)、ラン航空(LA)、日本航空(JL)、ロイヤルヨルダン航空(RJ)、シベリア航空(S7)、エアベルリン(AB)、マレーシア航空(MH)、カタール航空(QR)、TAM航空(JJ)、スリランカ航空(UL)

スカイチーム

スカイチーム・アライアンス | 公式ウェブサイト

イタリア、フランスを拠点にしている航空会社が唯一利用できるので、ヨーロッパを中心に周りたい人にはオススメ!その変わりといってはなんだけど、オセアニアに拠点をおく航空会社がないので、大陸制覇したい人には不向きかもしれない。

【特徴】
・マイル制の世界一周航空券
・燃油サーチャージ込の運賃体系
・全旅程で途中降機は3~15回まで
※26000マイル以内運賃は途中降機は3~5回まで
・同じ都市での途中降機は1回だけ、経由・乗り換えは2回まで

【料金】

  エコノミー ビジネス ファースト
26,000マイル以内 359,100円 638,400円 設定なし
29,000マイル以内 400,600円 712,100円 1,503,600円
33,000マイル以内 481,100円 810,300円 1,697,100円
38,000マイル以内 554,100円 933,100円  1,956,100円

【利用可能な航空会社】
デルタ航空(DL)、アルゼンチン航空(AR)、アエロメヒコ(AM)、エールフランス(AF)、アリタリア航空(AZ)、チャイナエアラインズ(CI)、KLMオランダ航空(KL)、チェコ航空(OK)、タロム航空(RO)、大韓航空(KE)、アエロフロート航空(SU)、ケニア航空(KQ)、エアヨーロッパ(UX)、ミドル・イースト航空(ME)、サウディア(SV)、中国南方航空(CZ)、中国東方航空(MU)、廈門航空(MF)、ベトナム航空(VN)、ガルーダインドネシア航空(GA)

その5、世界一周航空券はどこで買うことができるのか?

世界一周航空券を購入する方法は主に2つ!
上記した世界一周航空券のHPから申し込みする方法と世界一周を専門に取り扱っている旅行会社に行くかだ。

世界一周航空券を取り扱う航空会社のHPはコチラから

・スターアライアンス
 ↪︎http://www.staralliance.com/ja/

・ワンワールド
 ↪︎https://ja.oneworld.com/

・スカイチーム
 ↪︎https://www.skyteam.com/ja/

世界一周専門店ではコンサルもしているので、色々相談出来るから便利!
専門店のHPはコチラから

・世界一周堂
 ↪︎http://www.sekai1.co.jp/

・H.I.S. 海外発航空券デスク
 ↪︎http://www.his-kaigaihatsu.com/

分からないことがあれば、まずは相談してみよう!
何もしないよりは夢に一歩近づくこと間違いなしだ!

その6、世界一周行くならどのグループを選ぶべきなのか?

世界一周を取り扱う会社は、どこも良し悪しがあり、逆にそれが魅力的だ。ただ、そのせいで正直どこのグループを選べばいいか分からない!ってのが本音。

そんな迷えるあなたのために、グループを選ぶ基準を伝授しよう!

各グループにはちょっとした特徴の差はあれど、値段やサービスに関して実はそんなに大きすぎる差はない。

なので、グループ選びの基準は、実はたったの2つ!

・希望する滞在都市
・航空会社(マイレージ)

このどちらかを基準にして選んでいくのがベストだ。

例えば、あなたが絶対にモアイ像を見たくて絶対にイースター島に行きたいのであれば、もうワンワールド一択になる。イースター島に行けるのはワンワールドしかないからだ。

ただ、ちょっと特殊な例があって、あなたが世界一周航空券以外のチケットを併用するのであれば話は別だ。イースター島に行く為にはサンティアゴ-イースター島線が必になってくるので、世界一周航空券でサンティアゴまで行き、そこから別途チケットを購入する方法もある。もちろん、そのぶんお金はかかるので、それが許せるのであればだけど。

なので、まずあなたがすることは、自分の行きたい都市を取り扱っている航空会社はどこなのかを知ること。各航空会社で得意地域が違うから、滞在都市が決まっていけば、自然にどの世界一周航空券を選ぶべきかも決まってくるはずだ!

どの会社でも扱っているようであれば、あとはマイレージを基準にして決めた方が格段にお得な旅になる。

航空券の料金に関して、どの世界一周航空券を選ぶのか?というよりも、その世界一周航空券の中でどの料金設定するかの方が重要になってくる。

その7、世界一周航空券はビジネスクラスが圧倒的にお得!

もし予算に余裕があるのであれば、僕は絶対にビジネスクラスでの世界一周航空券をオススメする。

オススメの理由は

・値段が超絶お得!
・長旅でも機内でのんびり
・空港内での待ち時間はラウンジで過ごせる
・専用レーンでのスムーズなチェックイン
・マイルが125%貯まる
・機内食がグレードアップ

特に値段に関しては凄まじいほどのお得っぷり!

ひとつ例にとってみるけど、実際にエクスペディアという色んな航空会社の格安料金を比較してくれるサイトで値段を比べてみた。

条件はどちらも一緒。
2017/07/26、ニューヨークからロンドンの片道、直行か乗継は問わない、出発時間も問わない、という条件。

エコノミークラスは最安値が「62,900円」に対して

ビジネスクラスはなんと!!「212,420円」という高額!

その差額、149,520円!!
ちなみに世界一周航空券のエコノミーとビジネスの差は、20万から高くて50万円くらい。チケット全部買ってその差額だよ!

2〜3回くらい乗れたら元が取れちゃうわけなんだけど、実際に世界を周るとしたら最低でも10回くらいは飛行機に乗ると思う。(プランを最大限に活かすなら16回とかの場合もあり)

この差が10回も続くってなると、、、絶対にビジネスクラスで行った方が得でしょ(笑)

ちなみに、ファーストクラスは逆にオススメしない。

というのも、エコノミー→ビジネスに移った時のような感動がビジネス→ファーストに移った時には味わえないから。ビジネスとファーストの値段の差は結構あるけど、その差に見合うほどの感動は得られない。

そして何より、ファーストクラスがない飛行機も結構あるため、乗れる便にかなり制限がかかり、自分の思うようなスケジュールで進めないこともある。

機会があれば、ぜひビジネスクラスでの世界一周にチャレンジしてみてくれ!

その8、世界一周航空券とLCC(格安航空券)の乗継ぎはどっちがお得か?

最近ではLCCが発展してきたことによって、世界一周航空券を使わなくても安価で世界中を旅出来るようになった。もちろんそれは僕ら旅人にとっては、すごくすご〜くありがたいことなんだけど、、、

これから出発する人にとっては、じゃあ実際にどっちがお得なの?って話になるよね。ただ、こればかりはその人がどんな旅をしたいかにもよるから、絶対にこっちが得ってのはここでは言えない。

もしアジアを中心に周るつもりであれば、おそらくLCCの方がお得だろう。僕たちもアジアを実際に周ったけど、世界一周航空券の必要性は全く感じなかった。ただ、ヨーロッパなどの飛行機代がバカ高いようなところを中心に周りたいのであれば、世界一周航空券の方がお得になったりする。

まずは自分が周りたいルートをハッキリさせて、それから料金を調べたり旅行会社に相談したりして比較してみよう。

中には世界一周をLCCだけで24万円で周ったというツワモノもいる。
自分で手続きが必要などの面倒はあるけど、自由なタイミンと自由な発想でプランを組めるのがLCCの強みだ。

とはいえ、せっかく世界一周するのであれば、人生に一度は世界一周航空券を手にしてみるのもいいと思う♪

 


 

なおみ
やっぱり世界一周航空券ってワクワクしちゃうよね!

ゆうや
そうだね。僕たちはLCCを乗り継いで旅してたのに、ついに世界一周航空券に切り替えだもんね。

なおみ
人生一度は経験しといて損はないって思うよ♪

ゆうや
どうだね。世界一周をしたいと思っている人は、ぜひ世界一周航空券を使って旅に出てみよう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で