なおみ
世界一周って言われても、国が多すぎてどこに行けばいいのか分かんないよね?

ゆうや
世界には190ヵ国以上の国があるから迷って当たり前だよ。

なおみ
そんなにあるんだ!?

ゆうや
そうなんだ!だから嫁ちゃんみたいに、どうやって行く国を決めればいいか分からない人もいっぱいいると思うよ。

なおみ
私たちはあまり決めずに旅に出ちゃったもんね、、、

ゆうや
ってことで、今回は世界一周に行く国をどうやって決めていくのか具体的に紹介していこう!

無計画な旅は危険がいっぱい!?

世界一周は壮大な物語だ!
まず、「計画を立てて出かけたい」のか、「無計画に出かけたい」のかで全く違う旅になる。

僕ら夫婦はどっちかというと無計画に出かけるのが好きな性格なので、あまり細かいことは考えない。その分トラブルが多いんだけどね(笑)

自分がどっちだろうかと思う人は、普段の生活を思い浮かべてみるのもよいだろう。



例えば来週の日曜日、どこかへ出かけるとする。買い物でもいい。

その日は、朝の何時に起きて何時までに着いて、欲しいものを買って、昼は何時に昼食をとって午後からはどこそこの店へ行って……と細かく順路を考えるクセがあるのなら、もうそれは計画を立てて行ったほうが安心できるだろう。むしろ無計画の人間というものを信じられないと思うかもしれない。僕もよく言われる。ちゃんと計画立てて行けよと。

もちろん無計画すぎるのもちょっと危ない。日頃の生活で適当に外出して痛い目に遭った人がいれば多分分かるだろう。

外食でもいい、何となく店に寄ったら今日は定休日だったとか。下調べをしていないとタイミングの悪い巡り合わせになりやすい。

世界一周で無計画というのは、日本国内で解決できるもの以上に厄介なことが多い。

最悪、命に関わる危険もありえる。極めて治安の悪い街に行ってしまって震える思いをした。日本でいうところの、ガラが悪いというところとは危険度があまりにも違うので要注意だ。

なので、今回はどうやって世界を周っていくのか、どういう順序で国を周っていくのかということを簡単に伝えていこうと思う。

ステップ1、世界一周で行く国の決め方について

行きたい国をとにかくリストアップする

世界一周の動機を考えれば、あの観光地へ行きたいなど、自分の知らない世界に触れたい欲求でもある。なので、行きたい国や観光地というのが大前提だ。

この段階では予算のことは後回し!どこに行きたいのかまず決めよう。

いくつでもいいからピックアップして、googleマップでも世界地図でも眺めながら、ノートでもいいのでメモしていこう。

10ヵ所だろうか、50ヵ所だろうか、100ヵ所だろうか、いくらでも良い。そして、その中から特に優先させたいものをリストアップしていこう。

ベストシーズンはいつかチェックする

リストアップが出来たら、その国や場所にいつ行くのかシーズンを考える必要がある。

これは重要だ。例えば、トマト祭りなどイベントというのは一年で一度しかやっていないので、どうしてもこのトマト祭りへ行きたいのならば8月の最終水曜日であることを把握しておこう。

あなたが10ヵ所、10カ国を周りたいとして、この8月だけでまるごと世界一周を楽しむのならば、最後にトマト祭りというスケジュールになるだろう。

他にもブラジルのリオのカーニバルは2月後半にやることが多いし、人気のウユニ塩湖で鏡ばりの絶景を見るには雨季である1〜2月くらいがベストだ。

あとは逆算していつ頃旅立って他に回りたいところを決めてゆくと良い。

半年も自由があるのならもっと余裕をもって旅を楽しめるだろう。そして、ルートをある程度決めた後にそれぞれ旅費などを簡単に計算することで、現実というのがみえてくる。

旅に必要な日数と費用はこの記事を参考にしてみてみよう。

あれ…予算足りない…。そう、予算が足りないことが目の当たりとなってしまうのだ。

そこで再度、ルートを確認して、リストアップした行き先を修正して、シンプルにしてゆく。世界一周の鍵を握るは予算と時間なのだ。

予算が欲しい! というのならばあと一年仕事などを頑張って、予算を増やすというのも手。でも待ちきれない、だから旅立ってしまう! でも予算が足りないので短い旅になる。

やはり楽しむにはそれなりに苦労が必要になってくるから、自分のベストなタイミングで出発できるようにしておこう。

ステップ2、国を周る順番(ルート)の決め方について

旅なんだからルートは、やっぱり自分の行きたいところを選ぶのがいい。

ただ、世界一周というからには、実はある程度決まった定義が存在しているのを知ってるだろうか?

もし自他共に認める世界一周をしたいのであれば、

世界一周の定義はこちらから

それでは今回はなるべくこの定義に添えるようなルートの作り方を解説していこう!

その1、西回りか東回りかを決める

これは出発地である日本から見て、西に進んで行くか東に進んで行くかを決めていく。

西回りであれば、アジアかオセアニアがスタートになって、東回りならアメリカ・南米がスタートになってくるというだけだ。

オススメはアジアから攻める西回り!その理由は

  • 同じアジア圏であれば何かトラブルにあった時、すぐ日本に帰れる
  • 文化の近いアジアでまず旅に慣れておく必要がある
  • 物価が安いため、旅自体を楽しめる
  • 西回りの人が多いため、そのぶん情報も手に入りやすい
  • 陸路続きだから、移動費も節約出来る&一気に回れる

ということ。

ただ、こればかりは行きたい国のベストシーズンとの兼ね合いもあるので、こだわりすぎるのもあまりよくない。

その2、大陸別に行く順番を決める

細かい国の順番を決めていくのは結構(というか、かなり)大変!なのでまずは大きなくくりから決めていくのがベストだ。

今回は6大陸(アジア、オセアニア、ヨーロッパ、南米、北アメリカ、アフリカ)に分けて考える。

もし世界一周航空券の購入を考えている場合、ワンワールドという会社が大陸の数によってプランが変わってくるので、大陸別に分けるメリットはそれだけでもある。

まずやってもらうことは、リストアップした国を大陸別に分けてみよう。行きたい国がどの大陸か分からないって人は下記を参考にしてくれ。
国の一覧 (大陸別) – Wikipedia

西回りの場合であれば
アジア→オセアニア→ヨーロッパ→アフリカ→南米→北アメリカ

東回りであれば
北アメリカ→南米→アフリカ→ヨーロッパ→オセアニア→アジア

の順番だろうか。

もちろん行かない大陸があるとは思うので、シーズンと合わせて考えてみよう。

その3、大陸の中での行く順番を決める

大陸が決まったら、いよいよ細かい順番を決めていく。こればかりは地図とにらめっこになるので、大きめの地図を用意するか、デスクトップからGoogleマップを見て考えよう。(スマホだと画面が小さくてかなり疲れる)

特にコツといったコツがあるわけではないけど、陸路で続いている国(隣あっている国)は、そのままの流れで行った方が料金も安くてすむ。

僕らも「ついでだから行っちゃえ!」ってノリで、行く予定のなかった国にまで行ったりしている(笑)

もしここである程度ルートが決まったなら、あとはそれをマップに落とし込んで、旅のイメージを膨らませてみよう。

 


 

なおみ
旅のルートを考えている時って最高に楽しいよね♪

ゆうや
間違いないね!ルートを作る時はワクワクしながら楽しんでやるのが大事だよ!

なおみ
ちなみに私たちはアジアをグル〜っと周って、西回りと見せかけての、そこから東回りっていう邪道ルート(笑)

ゆうや
結局は楽しんだもの勝ちだから、準備の段階もちゃっかり楽しんでやろう♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で