ゆうや
今回はタイのオススメ観光スポットについてだよ。

なおみ
メジャーな観光地って言えば、首都のバンコクや花の都チェンマイや南国のプーケットが有名だよね。

ゆうや
タイのメジャーな観光地は日本人にとってだけじゃなくて人種問わず人気の観光地だから、今はどの都市に行っても観光客でいっぱいなんだ。

なおみ
人混みは苦手だから嫌だな〜

ゆうや
そうなんだよねー。だから僕らみたいに人混みがあまり好きじゃない人たちは有名な大都市でじゃなくて中都市に旅行してみるのもありだと思うんだ。

なおみ
分かった!ってことは、今回は大都市からちょっと外れたオススメ観光スポットの紹介ってことだね!

ゆうや
そういうこと!いつもと違う楽しみが待っているはずだ♪

タイ中部の隠れ観光スポット

ゆうや
まずは中部にある鉄道の町カンチャブリーだ。この町は「戦場に架ける橋」の舞台にもなった町で、町にある鉄道はマレーシアにまでつながってるんだよ。

なおみ
へ〜 映画でも使われるような場所なんだね。

ゆうや
町も田舎風情溢れる雰囲気の落ち着いた町だから一度は訪れてみてほしい。

なおみ
鉄道好きにはたまらない町になりそう!

ゆうや
次はバンコクの少し上あたりにあるロッブリーという町。この町はちょっとおもしろくて、猿を神として拝めている人たちが多いんだよ。

なおみ
え〜〜っ!なんで猿!?ゾウの方がタイっぽくて素敵だと思うんだけどな〜

ゆうや
ロッブリーは町中に猿がいる変わった雰囲気の町なんだ。猿が何をしても寛大な気持ちで接することが、この街を楽しむポイントだよ。

なおみ
荷物だけ盗られないように注意しなきゃね。

タイ北部の隠れ観光スポット

ゆうや
続いては北部のチェンライ。ここはワットロンクンと呼ばれる地獄をイメージした寺やタイ風の温泉がたくさんあるんだよ。

なおみ
地獄をイメージしたってのがすごいね(笑)

ゆうや
町中では山岳民族が多い町として有名だし、タイの中では比較的涼しい気温の町なんだ。

なおみ
タイはどこ行っても暑いから、こういう場所でのんびり過ごすのもありだね!

ゆうや
あとは、ミャンマーとの国境の町メーホンソン。

なおみ
ここはどんな町なの?

ゆうや
メーホンソンもほぼ山岳民族で形成されている町で第二次世界大戦時に日本軍が通った町としても有名なんだよ。

なおみ
え〜恨まれてたりしないかな?

ゆうや
それは心配しなくても大丈夫!タイ人は比較的日本人に優しいんだけど、タイの親日はその時の日本兵との関係が良かったからかもしれないね。

タイ東部の隠れ観光スポット

ゆうや
東北部のオススメはかつてK-1で活躍したブアカーオ選手の出身地であるスリンが有名!

なおみ
K-1は見ないからちょっと分からないし興味が持てないな〜

ゆうや
そんな人は年に一回開かれる像の祭りがいいよ。この祭りは他国からも人が訪れるほどのイベントとして知られているから、そのタイミングで行くのがいいかも。

なおみ
それなら楽しそう♪

ゆうや
さらにラオスとの国境の町のノーンカイ。ここはワットケークやゆっくりと流れるメコン川の風情や国境を行き来する人たちでにぎわうゲストハウス街などが見所だよ。

なおみ
え〜楽しそう!海外の人とワイワイするのに良さそうな町だね!

タイ南部の隠れ観光スポット

ゆうや
最後は南部の紹介。チュムポーンはフルムーンパーティーが行われるパンガン島へのアクセス地点にもなっていて、船着き場は観光客でいつも賑わっているんだよ。

なおみ
船着場って言われると近代的なイメージがするね。

ゆうや
それでも町の中はタイの雰囲気を保ってるから面白い町だよね。

なおみ
タイに行ったらタイの雰囲気に触れておきたいからちょっと安心(笑)

ゆうや
おまけでもうひとつ。ソンクラー県は南部で一番でかい都市なんだけど、海も綺麗でマーメイド像があるのが特徴で近くには学力の高いソンクラー大学もあるよ。ここも賑わってるからぜひ行ってみてね!

 


 

ゆうや
こんな感じで、メジャーな観光地だけじゃなくても地方には見所満載の観光スポットがあるんだよ。

なおみ
ガイドブックに頼らないで、お気に入りの町を探すのも楽しそうだね。

ゆうや
もちろんガイドブックを片手に旅をするのも良いけど、チャレンジ精神がある人は是非とも田舎に足を運んでみてほしい。

なおみ
きっと想像を超える素晴らしい観光地を発見できるはずだよ♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で