タイ3日目のテーマが遊びなら、4日目のテーマは「癒し」
これまで毎日朝から積極的に活動していたから、のんびりしてる暇がなかった。

疲れも溜まってきたころだったから、メリハリつけていかなきゃね!

この日にやったことは

・朝からホテルのプールではしゃぐ
・5つ星のマンダリンオリエンタルでSPA(スパ)
・世界一のカレーとデザート巡り

今日はちゃっかりプールで遊びつつ、体を癒し、美味しいご飯で心を癒した。

 

海外で泊まるなら絶対にプール付きホテルがおすすめ♪

タイの気温は、年間平均がで28.4度と日本に比べてかなり高い。
しかも朝から気温が高いので、ホテルのプールが開放さえしていれば早朝から楽しむことが出来る。

この日は出発も遅かったのと、せっかくプール付きホテルに泊まったなら泳ごう!ってことで、朝から1時間ほどプカプカしてた。

◎日本にはあまりないホテルの室外プール

東京のホテルは特に土地が狭いせいか、プールがあってもほとんど室内。
それじゃあバカンスの雰囲気が出ないってことで、やっぱりプールは外に限る!

タイのホテルで朝からプール遊び
僕らが最初に泊まったこのホテルのプールはあまり大きくないけど、そこは仕方ない。
ただ、早朝ってのもあって貸切状態だから、2人で遊ぶには問題ないくらいの大きさだった。

プールとハンモック
泳ぐ前にハンモックを発見してしまい大はしゃぎ♪
勝手なイメージだけど、ハンモックってバカンスって感じでいいよね。

ハンモックで遊ぶ
ハンモックが大好きななおちゃんは大喜び。
タイ4日目にして、2つハンモックを購入したくらい好きみたい(笑)

朝からプール
なおちゃんは本当に楽しそうに泳いでる♪
パタヤの海で買った浮き輪がまたもや大活躍でよかった!

浮き輪で漂う嫁さん
ただただ浮き輪に身を委ねて漂うなおちゃん。
そろそろおれにも浮き輪貸してくれていんじゃないかな?笑

朝日を浴びてプールで泳ぐ
朝日を浴びながら漂うプールは最高に気持ちいい!!
これは癖になるね。初日から入らなかったことをちょっと後悔。なにせここのホテルは今日が最終日(笑)

海外でホテルに泊まる時は絶対プール付きだね!
この解放感と気持ち良さはマジで癖になる♪

 

タイ・バンコクの5つ星ホテル、マンダリンオリエンタルで最高級SPA(スパ)を体験

タイで1番の贅沢をしたのはここかも!
基本的にタイは物価が安いので、「高い!」と感じるようなものはほとんどない。ご飯にしても、遊びにしても、買い物にしても、日本の1/3以下の値段で楽しむことが出来る。

あんな贅沢な体験は中々出来ないので、お金に余裕がある時は贅沢の限りを尽くしてみるのも、タイの楽しみ方のひとつ。

◎マンダリンオリエンタル バンコクってどんなホテル?

マンダリンオリエンタル バンコク
出典:tabit.jp

マンダリンオリエンタルホテル バンコクは、世界レベルのサービス・贅沢なスパ・ダイニング・レジャー施設を備えたラグジュアリー ホテル。

タイを代表する最高級ホテルとして君臨しているホテルといえば、間違いなくここマンダリンオリエンタル バンコクの名が上がる。タイのみならず、世界レベルで見ても名門の名にふさわしい。

また、ホテルだけではなく、バンコクのサービスは日本に続く世界第2位を誇る。
日本では高級すぎて手が出せないマンダリンオリエンタルホテルも、タイでは1泊2万円ちょっとで泊まることも可能だ。

最高級のホテルと、世界でもトップクラスのサービス。
タイに来た時は、自分へのご褒美のつもりで泊まってみてほしい。

◎セレブを虜にする「オリエンタル・スパ」でタイ1番の贅沢

今回マンダリンオリエンタルホテルに来たのは、宿泊でもアフターヌーンでもランチでもなく、デンマークの王子やベッカムなどのセレブが魅了されているというスパ!

ホテル内は広いので、案内を確認しつつ探検♪

マンダリンオリエンタルで最高級スパを体験
早速ジャングルのような庭で何かを発見!
花が大好きななおちゃんは持って帰ろうと頑張ってる(笑)

マンダリンオリエンタルで最高級スパ
もはや池なのかプールなのか分からない!
日本のホテル(特に東京)は庭があまりないから新鮮で楽しい♪

マンダリンオリエンタルで最高級スパ
「ここで待ってて」と言われ、外にあるレストランの近くで待つことに。

するとなんと!?!?

オリエンタルスパに向かう専用の船
大きな船がやって来た!!
この船で対岸にあるスパ専用の建物に向かうらしい。

始まる前からこんなセレブ体験ができて、期待が高まる高まる。

マンダリンオリエンタル「オリエンタルスパ」
船を降りると、スパ専用の建物に案内される。
落ち着いてかなり綺麗なんだけど、それ以上に出されたドリンクが美味すぎて気絶しそうになった(笑)

なおちゃんはタイに来てからずっとやりたがってたアーユルヴェーダを。僕は本場タイ古式マッサージを頼んだ。別々のメニューだったから部屋も違ったけど、同じメニューなら同室も可能みたいだから、カップルで行く時は合わせてもいいかも!

タイ バンコクの「オリエンタル・スパ」
これはなおちゃんが通された部屋。もう高級ホテルの1室みたい!
ベットあり、トイレあり、お風呂ありで、普通にここで生活出来るレベル。

僕が言った部屋はお風呂じゃなくてシャワールームだったけど、それでも広いしオシャレだし高級感あるし、正直住みたいって思った(笑)

高級スパと呼ばれるとこには初めて来たんだけど、まさにセレブ!!って感じを体験した。

マンダリンオリエンタル バンコクのスパ
足湯もなんてセレブチックなんだ〜!
何から何まで贅沢!肝心のマッサージは、癒されるのに集中して写真がないんだけど、そこは勘弁(笑)

マンダリンオリエンタルのスパ体験
マッサージが終わるとドリンクとオリジナルのデザートが。
このちょっとした気遣いが嬉しいね♪

施述が終わるとゆっくりシャワー浴びたりお風呂に入ったり出来る。
僕の場合は1時間くらいはのんびりしてたけど、なにも文句は言われなかったので、この機会にセレブな時間を堪能しよう(笑)

マンダリンオリエンタルホテルで
ここのところ遊びまくりで疲れてたから、一気に癒された2人でした。
まだまだやりたいことがいっぱいあったから、中盤でリセット出来てよかった!

そうそう!気になる料金だけど、なおちゃんが受けたアーユルヴェーダのほうは120分で6000バーツ(18000円位)で、僕が受けたタイ古式マッサージは90分で4000バーツ(12000円位)だった気がする。

日本人の感覚でもこの値段は高いかもしれないけど、実際に日本で受けたら軽く5万円は超える位の内容。それに、その値段に見合うだけのサービスだな〜ってのは感じた。

心も身体も癒されるような体験が出来たから、最高に満足♪

◎マンダリンオリエンタルホテル バンコクの詳細

マンダリンオリエンタルホテル バンコクへの行き方

【電車&タクシー】
BTSサパーンタクシン駅からタクシーで5分

マンダリンオリエンタルホテル バンコクの地図

 

世界で一番美味しい食べ物に選ばれた「マッサマンカレー」を本場タイで食べてきた

マッサージで癒された後は美味しいものを求めて移動。
ここまではあまりにタイの料理が合わなすぎて、満足に食べれない日が続いていた。

あまりに辛いのと、やたら癖のある料理が多くて、特になおちゃんは連日ギブアップ!
ご飯を滅多に残さなかったからビックリだよね!そんな感じだったから、ここからはガイドブックに載っているような、日本からの観光客が食べに行くようなところを目指していった。

◎世界一の料理に選ばれた「マッサマンカレー」とは!?

世界1美味しいタイのマッサマンカレー
出典: https://www.flickr.com

米国情報サイト『CNN Go』が発表した、「世界で最もおいしい50種類の食べ物(World’s 50 most delicious foods)」で堂々の1位とったのがタイのマッサマンカレー。

ちなみに 10位まではこんな感じ

1位 タイのマッサマン・カレー
2位 イタリアのナポリタンピザ
3位 メキシコのチョコレート
4位 日本の寿司
5位 中国の北京ダック
6位 ドイツのハンバーガー
7位 マレーシアのペナン風アヤム
8位 タイのトムヤムクン
9位 アメリカのアイスクリーム
10位 ガボンのチキンムアンバ

世界3大料理や日本の寿司を抑えての1位だから間違いない料理でしょう!
タイのガイドブックにも世界一のカレーとして載っていたりするから、どんな国人が食べても美味しいと感じるはず!

ランキングにはアメリカのアイスがトップ10入りしていたり、韓国料理が50以内に一つも入っていなかったりと、「?」と思うところが多々あるけど、それでも1位はスゴい!!

マッサマンカレーはどんな味なのかと言うと…

マッサマンカレーは、じゃがいもと鶏肉をホロホロに煮込んだ、タイカレーの一種です。タイカレーと聞くと、「辛みが前に出た味」というイメージを持っている方も多いでしょう。しかし、カルダモンやシナモン、クローブといったスパイスをふんだんに使っているマッサマンカレーにはむしろ上質な甘みがあります。これらのスパイスは、タイカレーであまり使われることがなく、マッサマンカレーを今まで体験したことのない味わいにしていると言えるでしょう。また、ココナッツミルクやピーナッツを使っているため、濃厚なコクと芳醇な香りが感じられ、それらがジャスミンライスと絶妙にマッチします。ちなみに「マッサマン」とは「イスラム教の」という意味。宗教上の理由から豚肉を食べられない彼らは代わりに鶏肉を用いました。この鶏肉もうま味のある下味づくりに貢献しています。

出典:http://www.hotpepper.jp/

とのこと。

日本でもカップラーメンとコラボしたり、多くの店がマッサマンカレーを出したりと、世界的にも人気なマッサマンカレーだが、実はタイではそんなに有名なカレーではないらしい(笑)

タイが本場であるのは間違いないけど、いわゆる「ご当地カレー」のようなものらしいので、タイに行った際はぜひ食べてもらいたい1品。

◎世界一のカレーが食べられるバンコクのオシャレなお店「Moon Glass」で夜ご飯

僕らが選んだのはタイではちょっと高めのオシャレなお店。
BARらしいんだけど、店の中は高級レストランのような内装で、外でも食べられる素敵なとこ。

タイで世界一のカレーを食す
ゆったりとしたソファーに大きめのテーブル。
かなり清潔感もありの高級感もありで、のんびりご飯を食べられそう!

ただ、エアコンが寒すぎて、外の席に変えてもらうことにした(笑)

タイ で世界一のカレーを食す
頼んだは世界一のカレーとレッドカレーとグリーンカレーだったかな?
カレーは全部美味しかったし、ご飯も専用の容器で炊いていてそのままサービスしてくれたから、見た目的にも楽しむことが出来た。

料理が届いてからは食べることに集中したから、これ以上の写真がないってのが残念!
ついつい食べることに集中してしまうのが僕らの悪い癖(笑)

◎食後はデザートを求めフラフラと♪

タイのスーパーで買い物
まずは夜食と明日の朝食を買いに近くのスーパーに。
タイは物価が安いって聞くけど、スーパーでは安さを感じないのはなぜだろう?

バンコクでデザートを食す
買い物が終わった後は、ホテルの近くにある「iberry」ってカフェでデザートタイム♪
クレープとパンナコッタを頼んだけど、どっちも美味かった!タイ関係ないけど美味かった!笑

美味しいデザートに大満足
美味しいデザートになおちゃんも大満足♪
旅行の移動中は疲れて不機嫌になるので、デザートで回復!

食べた後はこの日から泊まるホテルに直行。
4日目から最終日まではスイートルームを取ってるから、のんびりしようって作戦!

スイートルームで爆睡
よっぽど疲れてたのか、ホテルに帰ってくるなりソファーで爆睡(笑)
スイートルームはホテルって感じよりは、家って感じの雰囲気で落ち着くとこだった。

そんなこんなでタイ旅行の4日目は終了!
明日はフランスの料理学校時代の友人と会う予定だから、連絡をちょと取り合って寝る準備。

タイに来て始めて携帯をネットに繋いだから大量のメールがきてたんだけど、結婚指輪で無茶振りをお願いしてた件が大丈夫って連絡があって、夜中にもかかわらずテンション上がってなおちゃんを叩き起こしてしまった(笑)

案の定怒られて、この日は終了!!

 

まとめ

実は嫁さんと出会ってから、この時まだ2ヶ月くらい(笑)
出会ってすぐに付き合いが始まって、1ヶ月半で結婚式場が決まって〜って感じで超電撃的でハイスピードな流れだったから、ぶっちゃけお互いのことをまだまだ知らない。

2人で旅をしてて思うのが、良いところも悪いところも一気に見れるとこ。
こんだけずっと一緒にいれば、もちろんボロが出てくるわけで、そりゃ悪いとこも出てくる。

それでもお互い好きで入られて、簡単に乗り越えられたのはやっぱり嬉しいね。
そのおかげもあって、これまではずっとタイそのものを楽しんできたんだけど、この日は旅を楽しむことが出来た気がする。

世界を旅するってのは、こういうことなのかなってちょっと思ってみたり(笑)

どこに行くかとか、何を見るかも大事だけど、そんなの今の時代はなんぼでも写真で見れるし、やっぱ旅ってのはそこで何を感じるかが大事だなって思った。

嫁さんを感じられた1日だったから、大満足!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で